行きつけのサイクルショップを見つけておくといい


自転車を求めてショップへGO!

車やバイクに飽きてしまうと意外にも自転車に乗りたくなるものです。最先端の自転車を見れば分かる通り、現代の自転車は昔の自転車ではありません。スポーツやアウトドアで乗る自転車も送り迎えや買い物で使うママチャリも、そのデザインはかなり洗練されています。自転車がダサいなんて思っている人ほどサイクルショップに出かけてみるといいですよ。ショップに並んだ自転車を見れば、自転車を始めたいと興味を持っている人の気持ちが分かるかもしれません。

見るだけでも損はしない

サイクルショップでは、自転車の購入する人に限らず様々なお客の来店を待ち望んでいます。サイクルショップが店先に自転車を並べて展示しているのは、道行く人の足を止め自転車に興味を持ってもらいたいからです。自転車など全く興味がなかったのにも関わらず、ショップで並んでいる自転車のデザインを見て、その格好良さに惹かれて購入したという人も多くいます。ショップ側の売り言葉としては「見るだけでも損はしない」といったところだと思います。

自分仕様にする楽しみ

自転車を購入してみると色々と手を加えたくなります。例えば、キャリアをつけて積載量を上げてみたり、スポーツタイプであれば軽量化を図ってみたりと、自転車は自分仕様にする楽しみが湧いてきます。ロードバイクからシティバイクまであらゆるタイプの自転車がカスタマイズ可能になっていて、それらの部品が売っているのが勿論サイクルショップです。さらにショップではユーザーからの質問や相談にも乗ってくれます。フレンドリーなショップを見つけて、行きつけにしておくと何かあった時にかなり便利です。

古くからやっているような名古屋の自転車のショップでは、自転車のことをケッタマシーンと呼ぶことがあります。